Menu

生産者の声

平成9年に亡くなった「孝子丸(コウシマル)」の創始者のおじいちゃんの遺志を受けて、おじいちゃんの夢であり、おじいちゃんの願いだった「孝子丸(コウシマル)」を大切に育て守り伝えています。

長女が昨年秋に隣県に嫁ぎ、次女も今春から隣県で社会人となって、それぞれ実家を離れました。 お父さんは定年退職の後も再雇用でまだ働いているので「孝子丸農園」は引き続きおばあちゃんを中心に親戚・知人の応援をいただきながら力を合わせて守っています。
(2019年)