孝子丸(こうしまる)日記
孝子丸の特徴 /  孝子丸のふるさと /  松ヶ岡と庄内柿 /  孝子丸誕生 /  資料
孝子丸の特徴
昭和62年〜平成元年に県農業改良普及所,山形大学農学部などの調査により、在来種の庄内柿に比べ、◎形が丸く腰高で一果重平均がやや重い、◎色づきが早くへた部への色回りもよい、◎果肉の糖分含有量がやや多く、還元糖(果糖,ブドウ糖)の比率が高い、などの調査結果を受けました。 収穫期は在来種(庄内柿)と早生種(刀根早生など)の中間くらいで、その年々の気候などにもよりますが、当地では平年10月20日前後頃に最盛期となります。収穫後に焼酎などで渋を抜いて1週間くらいでおいしく食べられるようになります。 全国的には南の産地より収穫は遅くはなりますが、当地では在来種の庄内柿より1週間程度早く食べられます。 我が家では昔からの焼酎脱渋なので、炭酸ガス脱渋ものに比べ、果肉が柔らかめでしっとりした食感です。(炭酸ガス脱渋のものは果肉が固めに上がります) 収穫の早い早生種は在来の庄内柿より早く食べられるようになるのですが、軟化が早く特に焼酎脱渋ではすぐに柔らかくなってしまい、日持ちがよくないのですが(それもあって農協では炭酸ガス脱渋に切り替わっている)、孝子丸は焼酎脱渋でも比較的日持ちがよく、好みにもよりますが炭酸ガス脱渋のカリカリした食感に比べ昔からのしっとりした食感に仕上がります。(数ある中ですので焼酎ざわしの孝子丸の中にも、果肉がカリカリするものや反対に柔らかすぎる仕上がりのものも出てきます。その際はご容赦ください) 在来種の焼酎脱渋ものに比べ孝子丸は日持ちがよく、1週間程度長持ちします。 在来の庄内柿より全般的に糖度は高く、果糖・ブドウ糖が多く含まれ、上品な甘さが感じられます。(数ある中ですので中には"はずれ"もありますが…(^^;)。)
Copyright ©2007 孝子丸農園, All Rights Reserved. Manager